自民党の二階俊博幹事長は19日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大が続けば、東京五輪・パラリンピックの中止もあり得るとの自らの発言について、「(五輪中止は)とてもこれでは無理だと、誰もがそう判断する状況になった時のことだ。やめることに重点を置いて言ってない」と説明した。
 五輪に関しては「国民が期待している。大成功に終わるために党はできるだけの対応を積極的に講じていく」とも述べた。 (C)時事通信社