【ビジネスワイヤ】製薬企業の豪ノクソファーム(ASX:NOX)は、敗血症性ショック予防の効用で抗がん剤治験薬ビヨンダの国際特許を出願したと発表した。ビヨンダは免疫刺激と抗炎症の作用を持つ抗がん剤で、第2相臨床試験を実施中。STINGシグナル伝達経路を遮断する抗炎症作用により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などに伴う敗血症性ショックを予防できる可能性がある。(C)時事通信社