田村憲久厚生労働相は20日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンを歯科医師が打つことも認める方向で検討すると明らかにした。田村厚労相は「有識者に議論いただき、早急に取りまとめて自治体に示したい」と話した。
 ワクチンの接種は法律上、医師や看護師が担当するが、地域によっては医師らが不足しており、人材確保が課題となっている。 (C)時事通信社