自民党の二階俊博幹事長は20日の記者会見で、新型コロナウイルス感染の収束が見通せない現状を踏まえ、経済対策などを盛り込んだ2021年度補正予算案を今国会中に編成する可能性に改めて言及した。「あらゆる選択肢を否定するものではない。あす、あさってすぐに、ということではないが、後れを取ってもならない」と述べた。 (C)時事通信社