大阪府は20日午後、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、特別措置法に基づく緊急事態宣言発令を政府に要請する方針を正式決定する。変異ウイルスの影響による感染拡大が止まらず、病床が逼迫(ひっぱく)しており、5日に適用された「まん延防止等重点措置」の効果が不十分だと判断した。吉村洋文知事は「感染を抑える速度を高めないといけない」と危機感を表明し、府庁で記者団に「病床が極めて逼迫(ひっぱく)しており、1床でも多く確保したい」と述べた。 (C)時事通信社