菅義偉首相は20日の衆院本会議で、新型コロナウイルスワクチンについて、9月までに対象者全員分を確保できるめどが立ったと改めて表明した。ただ、詳細については「相手(米ファイザー社)との関係がある」などとして答えなかった。立憲民主党の緑川貴士氏への答弁。
 先の日米首脳会談で、「世界の団結の象徴」として東京五輪・パラリンピックを開催する決意を示したことに関しては、「人類がコロナに打ち勝った証しとして実現する決意に何ら変わりはない」と述べた。 (C)時事通信社