日本電機工業会が20日発表した白物家電の2020年度国内出荷額は、前年度比6.5%増の2兆6141億円となった。1996年度以来24年ぶりの高水準。新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり需要」で、エアコンや空気清浄機などが好調だった。1人10万円の特別定額給付金の支給も追い風となった。
 品目別の出荷台数を見ると、エアコンが5.5%増の1009万台と初めて1000万台を突破。清潔意識の高まりから、空気清浄機が76.9%増加して過去最高を更新した。洗濯機や掃除機も好調だった。 (C)時事通信社