東京都の小池百合子知事は20日、自民党本部を訪れ二階俊博幹事長と会談した。両氏は、新型コロナウイルスの感染が急拡大している首都圏や関西圏などの都市部に対し、ワクチンの配分を重点化すべきだとの認識で一致した。
 会談後、記者団の取材に応じた小池氏によると、二階氏は「(感染)拡大が続いている所はワクチン確保にもっと声を上げていい」と指摘。これに対し、小池氏は「ワクチンはスピード感が重要。感染拡大が日増しに強くなり、時間との闘いだ」と述べた。現在、都内の医療従事者への接種率は21%にとどまっているという。 (C)時事通信社