愛媛県は21日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請した。適用されれば、松山市を対象区域に指定する方針。
 県は既に22日から同市内の全ての飲食店に対し、午後8時までの営業時間短縮を要請している。中村時広知事は臨時記者会見で、重点措置の適用効果について「(県民への)警戒メッセージになる」と述べた。
 県内では、今月中旬以降、新規感染者の増加傾向が続いており、21日には新たに53人の感染が確認された。入院するコロナ患者の増加により、県立中央病院では一般医療を一部制限するなど医療体制も逼迫(ひっぱく)している。 (C)時事通信社