日本医師会の中川俊男会長は21日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて「一日でも早く緊急事態宣言を出してほしい。ちゅうちょしている場合でない」と政府に求めた。宣言の内容は「自粛を基本とした対策は限界だ。強力で厳しいものにならざるを得ない」と述べた。
 宣言解除については、感染状況を示す4段階の指標で2番目に深刻な「ステージ3」を目安とせず、「ステージ2」以下で検討すべきだと主張。感染急増地域にコロナワクチンを重点配分する議論に対しては「地方都市でもクラスター(感染者集団)が起きればパニックになる」として慎重な判断を求めた。 (C)時事通信社