【ビジネスワイヤ】循環器用医療機器大手の米アビオメッドは、同社の心臓ポンプ「Impella(インペラ)」を使用して高リスク経皮的冠動脈インターベンション(HRPCI)を実施するPROTECT・IV試験で、最初の患者組み入れが行われたと発表した。過去のPROTECTシリーズの試験から、インペラの使用は、より全面的な血行再建率や長期生存率の向上などをもたらすことが確認されている。新試験は、同ポンプが治療ガイドラインでクラス1推奨分類を取得するための証拠をそろえることが狙い。2群対照試験でインペラ使用の有無の影響を検討する。(C)時事通信社