楽天は22日、本拠地の楽天生命パーク宮城の客席に菌やウイルスを光触媒の効果で除去する溶剤をドローンを使って散布した。新型コロナウイルス感染拡大予防策の一環として行われた。一度の施工で抗菌、抗ウイルスの効果を2年間持続させることができるという。
 試合前にはアルコールで客席の消毒も行っており、球団の管理部を統括する岡田朋城氏は「組み合わせることで、より強力に安心を提供できる。安心して野球観戦を楽しめると思う」と語った。 (C)時事通信社