三重大病院のカルテ改ざん事件で、詐欺と公電磁的記録不正作出・同供用の罪に問われた同病院臨床麻酔部元准教授、境倫宏被告(48)の判決が22日、津地裁であった。四宮知彦裁判長は「麻酔記録改ざんなどの犯行を重ね、非難を免れない」と述べ、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 四宮裁判長は、上司の意向を受け、境被告は手術室に小野薬品工業(大阪市)の薬剤「オノアクト」を配布したが、多くは使われずに廃棄されたと指摘。約8カ月間に81回も記録を改ざんして使われたように装っており、「公的な記録への社会の信用が害された」と批判した。
 一方で、境被告が同大を懲戒解雇されたことなどから、執行猶予が相当とした。
 判決によると、境被告は2019年8月~20年3月、患者81人の手術でオノアクトを投与したとする虚偽の記録を作成。上司だった元教授亀井政孝被告(54)=第三者供賄罪などで起訴=と共謀し、診療報酬約84万円を詐取した。 (C)時事通信社