武田良太総務相は23日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する地方自治体の体制強化に向けた支援に乗り出す考えを示した。高齢者への接種が本格化するのに備え、菅義偉首相から自治体支援に万全を期すよう指示を受けたとして、「接種が円滑に進むよう、しっかりと責任を果たしたい」と強調した。
 武田氏は、現状の接種体制について、医療従事者の確保などの課題があると指摘。「厚生労働省との連携を充実させるとともに、自治体の現場が抱える課題を丁寧に聞いて、解決を促進する」と述べた。 (C)時事通信社