新型コロナウイルスの感染拡大により東京五輪・パラリンピック期間中の医療従事者確保が懸念されている問題で、丸川珠代五輪担当相は23日、閣議後の記者会見で「東京都はどのような負荷が医療に掛かるかよくご存じだと思う。医療がどのような体制で実現しうるのか、大会組織委員会と調整いただきたい」と述べ、まず都と組織委で検討すべき問題だとの認識を示した。
 丸川氏はまた、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が日本で発令される見通しの緊急事態宣言と東京五輪開催は無関係との見解を示したことについて、同じ認識であるかを問われ、「正確なところ、(バッハ氏が)どのような認識か具体的に把握したわけではない」と述べ、言及を避けた。 (C)時事通信社