萩生田光一文部科学相は23日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い緊急事態宣言が発令される東京、大阪、京都、兵庫の4都府県の小中高校に対し「地域一斉の臨時休業を要請することは考えていない」と述べた。その上で「感染症対策を徹底して学習の継続を図っていただきたい」と求めた。
 宣言をめぐっては、対象地域の大阪市教育委員会が授業について、自宅でのオンライン学習と学校でのプリント学習を組み合わせて対応する方針を示している。萩生田氏は学校での対応について松井一郎大阪市長と直接話したことを明かし、「(松井氏は)『在宅でも勉強できる、学校にも来ることができるハイブリッドを目指したい』と話していた。まさにその一つのモデルとして考えた結果だと思う」と理解を示した。 (C)時事通信社