天皇、皇后両陛下は23日、東京都千代田区の憲政記念館で開かれた第15回みどりの式典に出席された。5月4日の「みどりの日」にちなんだ式典で、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止され、開催は2年ぶり。
 天皇陛下はあいさつで、新型コロナによる社会や生活の変化に触れた上で、「私たちの社会や生活と密接に関わり、欠かすことのできない緑を守り、育むために必要な技術や文化について、考えていくことも大切なことではないか」と述べた。
 武内和彦東大特任教授(69)とかずさDNA研究所の田畑哲之所長(66)に「みどりの学術賞」が贈られ、両陛下は拍手を送った。 (C)時事通信社