飛び込みの東京五輪最終予選を兼ねるワールドカップ(W杯)東京大会(5月1~6日、東京アクアティクスセンター)に出場予定だったオーストラリアの選手団が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて出場を辞退する方針であることが23日、分かった。
 豪州の統括団体は23日、「選手たちを安全にW杯へ派遣することはできない。日本は第4波に襲われており、東京にも緊急事態宣言が発令される」との声明を発表。五輪予選の方法について、国際水泳連盟(FINA)と協議するとしている。
 関係者によると、日本側にFINAを通じた正式な出場辞退の連絡はないが、他チームからも感染状況を懸念する声が出ているという。 (C)時事通信社