東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は23日、東京都内で定例記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて25日から緊急事態宣言が出ることを踏まえ、宣言期間中の5月9日に東京・国立競技場で開催予定の陸上のテスト大会について「恐らく無観客にさせていただくことになるだろう」と述べた。
 大会は世界ランキングポイントを多く得られる格付けの高い国際大会として、男女合わせて17種目を実施する。男子100メートルの桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、小池祐貴、多田修平(ともに住友電工)ら国内のトップ選手に加え、海外選手も参加する予定。 (C)時事通信社