武田良太総務相は24日までに、高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種について、7月末までを念頭に終えられるよう協力を求めるメールを、全国の首長に出した。メールでは「自治体が抱える課題を丁寧に伺い、ワクチン接種が円滑に進むようしっかり支援する」と記した。
 ワクチン接種をめぐっては、菅義偉首相が23日、希望する高齢者に7月末までを念頭に2回の接種を終えることを目指すと表明。総務相の首長向けメールはこの方針を踏まえた。 (C)時事通信社