緊急事態宣言が発令される東京都に本拠地を置くプロ野球巨人は24日、東京ドームで行われる25日の広島戦について、新型コロナウイルスの感染対策を講じた上で、販売済み入場券の所有者を受け入れると発表した。
 大阪、京都、兵庫を含む宣言対象の4都府県に対し、政府はスポーツイベントの原則無観客開催を要請。一方で球団によると、混乱を避けるため、コロナ対応を統括する内閣官房の対策推進室長名の文書に「25日から直ちに無観客化・延期等を実施しないこととして差し支えないこともある」との記載があり、有観客開催を判断した。
 5月11日までの宣言期間中、巨人はこの他に6試合の主催試合があり、近く対応を決める。 (C)時事通信社