新型コロナウイルス対策を議論するため24日開かれた全国知事会のテレビ会議では、改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用要請に言及する知事が相次いだ。三重県の鈴木英敬知事は「直近3日のうち2日で(新規感染者数が)過去最多を記録している。大変厳しい」と強調。重点措置を視野に国と対応について協議を始めたと明かし、「変異株は極めて強烈だ」と語った。
 岐阜県は23日、重点措置の適用を近く政府に求める方針を決定。古田肇知事は会議で、変異ウイルスの割合が東京都や愛知県を上回っているとした上で「三重と近隣ということで、足並みをそろえてやっていこうということだ」と説明した。
 谷本正憲石川県知事は「第4波の到来により、一向に感染拡大に歯止めがかからない」と訴え、「国へのまん延防止等重点措置の要請も視野に、まずは飲食店への時短要請などを検討しなければならない」と危機感を募らせた。 (C)時事通信社