3度目の緊急事態宣言に伴い、演劇界でも一部公演を中止する動きが広がっている。松竹や東宝、劇団四季、宝塚歌劇団が24日、相次いで発表した。
 松竹は、東京・歌舞伎座の「四月大歌舞伎」と「五月大歌舞伎」のほか、新橋演舞場で上演中の「滝沢歌舞伎ZERO 2021」などの宣言期間(25日~5月11日)中の公演を中止する。
 東宝はミュージカル「モーツァルト!」など3公演の28日から5月11日までの上演を中止。劇団四季も同じ期間に東京、大阪、京都で上演される「オペラ座の怪人」「ライオンキング」などの公演の中止を決めた。
 宝塚歌劇団も、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)や東京宝塚劇場(東京)などでの公演について、25日を除き、宣言期間中の上演は取りやめる。 (C)時事通信社