熊本市は25日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、26日から予定していた熊本城(同市中央区)の天守閣内部の一般公開を延期すると発表した。
 天守閣は2016年の熊本地震で大きく損傷したが、今年3月に復旧工事が完了。県内在住者を対象に5年ぶりとなる一般公開を予定していた。
 大西一史市長は臨時会見を開き、市内の病床使用率が25日時点で50%を超えたと説明。「直前ではあったが(延期を)判断した。熊本城に行こうと予定されていた方には申し訳ない」と述べた。 (C)時事通信社