JR西日本は26日、緊急事態宣言発令を受け、大阪環状線の終電を繰り上げると発表した。28日から宣言が解除されるまでの間で、平日の最終列車の時刻を最大で16分繰り上げる。利用客の動向を反映し、昼間の時間帯の運行を減らす。近畿日本鉄道などの関西私鉄もJR西と同様の措置を取る。
 JR西は終電繰り上げにより、おおむね午前0時以降に大阪駅、天王寺駅を発車する列車の運行をとりやめる。私鉄では近鉄が29日から、大阪、京都両府を走る4路線を対象に、終電時刻を最大30分繰り上げる。29日から5月5日までの特急列車の追加運休も決めた。南海電気鉄道、京阪電気鉄道、阪神電気鉄道も終電繰り上げや一部列車の運休を実施する。阪急電鉄は対応を検討中だ。 (C)時事通信社