加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、緊急事態宣言発令期間中の閣議について、一堂に集う通常形式で実施することを明らかにした。加藤氏は「当面は、国会で成立した法律の公布など重要な案件が多数、閣議にかけられる予定だ。基本的な感染対策を図り、これまでと同様の形での開催を考えている」と述べた。 (C)時事通信社