日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新弟子検査を受検する11人を発表し、先代時津風親方(元幕内時津海)の長男坂本博一(18)と次男正真(16)が立浪部屋から申し込んだ。先代時津風親方は新型コロナウイルス感染防止のガイドラインに違反し、2月に相撲協会を退職した。新弟子検査は28日に国技館で行われる。 (C)時事通信社