東北6県と新潟県などは26日、4都府県に新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が出たことなどを受け、大型連休中の移動の自粛を求める共同メッセージを出した。大型連休前の呼び掛けは、昨年に続き2回目。
 メッセージは青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟の7県知事と仙台、新潟の2政令市長が連名で発表。県境を越える移動の自粛と、基本的な感染防止策の徹底を呼び掛けた。
 新潟県の花角英世知事は動画を投稿し、「緊急事態宣言対象都府県やまん延防止等重点措置区域との往来は、極力控えて」と訴えた。
 山形県の吉村美栄子知事は県庁で臨時記者会見を開き、「『県境をまたがないで』というメッセージがそれぞれの県民に周知される効果を期待している」と説明した。 (C)時事通信社