山梨県の長崎幸太郎知事は26日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人が副反応が原因で休業し、給与が減った場合、1日4000円の助成金を支給すると発表した。有給休暇を取得した人や、傷病手当金などを受け取った人は対象外。県によると、こうした制度を設ける自治体は全国初という。
 6月から申請の受け付けを開始できるよう準備する。助成額は1回目、2回目の接種とも2日ずつの休業分、計1万6000円を上限とする。 (C)時事通信社