【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は26日の記者会見で、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、最大6000万回分を他国に提供する可能性があると明らかにした。多くの国でワクチン調達が難航する中、米国など一部諸国による「ワクチン独占」への批判を考慮した措置だ。
 サキ氏は会見で、数週間以内に食品医薬品局(FDA)の同意が得られれば、まず1000万回分を他国へ供給すると説明。5~6月に「さらに5000万回分を供給する可能性もある」と語った。米政府の新型コロナ対策チームと国務省などが、全世界の需要を調べているという。
 また、米国ではアストラゼネカ製ワクチンの緊急使用許可が下りていないと指摘。「今後数カ月間の新型コロナ対応では、使う必要がない」と述べ、他国へ供給しても米国内の接種計画に影響を及ぼさないと述べた。 (C)時事通信社