総務省は27日、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチン接種が本格化するのを前に、自治体を支援する省内組織を立ち上げた。武田良太総務相は初会合で「速やかなワクチン接種に向けて自治体支援に万全を期すべく、総務省の総力を挙げて取り組む」と述べた。
 名称は「新型コロナワクチン接種地方支援本部」で武田氏を本部長とし、関係局長らで構成。自治体への出向者やその経験者のネットワークを活用し、地方の要望を聞き取って厚生労働省と情報共有したり、進捗(しんちょく)に課題がある自治体を個別にサポートしたりする。 (C)時事通信社
〔写真説明〕