高知県の夏の風物詩「よさこい祭り」を主催する「よさこい祭振興会」は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は通常の形式は取りやめ、高知市内の陸上競技場で規模を縮小した代替イベントを8月に開催すると発表した。観客や参加チーム数を制限し、「3密」を回避するという。
 イベントは8月19、20日の2日間で計4公演開催。県外チームの参加も認めるが、同月1日時点でまん延防止等重点措置の対象や緊急事態宣言が発令されている地域からは自粛してもらう。チーム数は県内外合わせて約70チームに制限し、1公演ごとの観客は約1300人までとする方針。 (C)時事通信社