公明党の山口那津男代表は27日の記者会見で、衆院解散・総選挙の時期について「菅義偉首相自身、新型コロナウイルス対策に力を入れる方針だから、当面はなかなか難しい」と述べた。
 先の衆参3選挙で自民党が全敗したことに関しては「政権に対する影響がないとは言えないが、マイナスになることは絶対に避けなければならない」と指摘。コロナ対策で着実に結果を出すことが重要との考えを示した。 (C)時事通信社