自民党の新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム(PT)座長の鴨下一郎元環境相は27日、厚生労働省で田村憲久厚労相と会い、ワクチンの24時間接種体制の構築などを求める提言書を提出した。田村氏は早朝や夜間にも接種を実施する医療機関に助成を行いたいとの意向を示した。鴨下氏が記者団に明らかにした。
 鴨下氏は河野太郎規制改革担当相にも同様の提言書を提出。河野氏は「積極的に対応し、スピードを上げる」と応じた。 (C)時事通信社