東京都の小池百合子知事は27日、新型コロナウイルスの感染拡大で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)する大阪府の患者を受け入れる用意があることを明らかにした。都庁で記者団に「人命をどう守るかは同じ課題なので、要請があれば受けていく」と述べた。
 都は東京消防庁のヘリコプターを使い、大阪の中等症以上の患者を2時間程度で都立多摩総合医療センター(府中市)に搬送することを想定。受け入れる対象や人数は要請があり次第、協議する。小池氏は自治体間の病床の連携について「助け合うのは当然ではないか」と述べた。 (C)時事通信社