JR東海は27日、2021年3月期の連結純損益が2015億5400万円の赤字(前期は3978億8100万円の黒字)に転落したと発表した。通期での赤字は1987年の民営化後、初めて。新型コロナウイルスの感染拡大で新幹線、在来線ともに利用者数が減少し、売上高は前期比55.4%減の8235億円にとどまった。 (C)時事通信社