大阪府の吉村洋文知事は27日、新型コロナウイルス感染対策で国民の私権制限の必要性を指摘した自身の発言に対し、兵庫県明石市の泉房穂市長が批判したことについて「タブー視されているが逃げずに議論すべきだ」と反論した。府庁で記者団の取材に応じた。
 吉村氏は府への緊急事態宣言の発令が決まった23日、感染症対策のために個人の自由を一定程度制限する法整備を国が議論すべきだと言及。これに対し、泉市長は26日の記者会見で病床確保を優先させるべきだとした上で、「政治家の責任放棄で失格だ」「吉村知事は有害で早く辞めてほしい」などと述べていた。
 吉村氏は27日、「諸外国では個人の自由を法令で制限している。日本で反対意見が強いのは分かるが、医療資源に限界がある中で議論せずに終わらせていいか疑問がある」との考えを重ねて示した。 (C)時事通信社