東京都の小池百合子知事は27日、丸川珠代五輪担当相が東京五輪・パラリンピック期間中の医療提供体制の問い合わせに都が回答していないと不満を述べたことについて「既に実務的には詰めている」と反論した。都庁で記者団に語った。
 小池氏は、28日に都や大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)などによる5者会談が開催されることを明らかにした上で、医療関係者の派遣などに関して「都の役割を組織委と決めている」と説明。「連携して安全安心な大会にすべく、それぞれが力を出していく」と述べた。 (C)時事通信社