【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人を対象とした行動指針を新たに公表した。ワクチン接種を終えていれば、マスクなしで屋外で複数人での会食をしても「安全」と見なすなど、感染防止のための行動制約を大幅に緩和した。
 指針は免疫獲得に必要な回数のワクチン接種を受けた後、2週間を経過した人が対象。未接種の場合は「非常に危険」とされる店内飲食や、「やや危険」とされる公共交通機関の利用も、接種完了後はマスクを着用すれば「安全」とした。 (C)時事通信社