【シリコンバレー時事】米グーグルの親会社アルファベットが27日発表した2021年1~3月期決算は、売上高が前年同期比34%増の553億1400万ドル(約6兆円)だった。純利益は2.6倍の179億3000万ドル(約1兆9500億円)で、四半期ベースで過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍でインターネットの利用が増え、中核の広告事業が好調だった。
 ネット広告事業は、売上高が446億8400万ドルで32%増。このうち動画投稿サイト「ユーチューブ」向けの広告が49%伸びた。クラウド事業の営業赤字が圧縮されたことも純利益を底上げした。
 好調の背景には、コロナ禍の移動制限などで消費者のネット利用時間が増加したことや、ネット向け広告が増えたことがある。ルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は先行きについて、「経済が再開する中で、この傾向が続くかは定かでない」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社