国内では28日、47都道府県と空港検疫で5794人の新型コロナウイルス感染者が新たに確認された。大阪府で過去最多となる1260人の感染を確認したほか、福岡県(440人)で最多を更新した。
 全国の死者は大阪で14人など計51人。厚生労働省によると、重症者は前日比37人増の953人だった。
 大阪府によると、重症者数は379人となり、独自指標に基づく重症病床使用率は141.1%まで上昇し、ともに過去最多を更新した。軽中等症病床の使用率も80.4%の高水準が続いており、医療体制の逼迫(ひっぱく)具合は深刻さを増している。
 東京都では925人の陽性が確認された。1日当たりの新規感染者が900人を上回ったのは、1月28日(1065人)以来、3カ月ぶり。
 東京、大阪と並び緊急事態宣言が発令中の兵庫県でも、過去2番目に多い600人の感染が分かった。北海道は219人で、200人を超えたのは1月15日以来。 (C)時事通信社