河野太郎規制改革担当相は28日の衆院内閣委員会で、7月末を念頭に高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種を終えるとした政府方針の根拠について言及を避けた。共産党の塩川鉄也氏がただしたのに対し、河野氏は「自治体のワクチン接種を最大限支援し、できれば7月末までに高齢者に接種してもらいたいということだ」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社