オリエンタルランド(OLC)=2021年3月期は、新型コロナウイルスの影響により減収・赤字転落。チケットの価格改定などで来園客1人当たりの売上高は増加したが、主力事業であるテーマパークの臨時休業や入園者数の制限、ホテルの宿泊収入の減少などが大きく響いた。 
 特別損失として約186億円を計上した。内訳は臨時休園による損失が約130億円、ブライトンホテル事業に関する固定資産について減損損失が約56億円。
 2022年3月期予想は未定。オンライン記者会見した横田明宜常務は、新型コロナの影響で「現時点では正確な見通しができない」と説明した。コスト削減に引き続き取り組むとした上で、「黒字化に持っていきたい」と述べた。(C)時事通信社