スカイマークは28日、客室乗務員(CA)と自社養成のパイロットの2022年度新卒採用を見送ると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で旅客需要が減少し、業績が悪化しているため。大卒、大学院修了を対象とした事務、技術、ITスタッフはそれぞれ数名程度採用する予定。他の職種については感染状況などを踏まえて検討する。 (C)時事通信社