全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは28日、新型コロナウイルス対策をめぐり田村憲久厚生労働相とテレビ会議で意見交換した。田村氏は、ワクチン接種について「7月中に高齢者の2回の接種を何とか対応ができないか、政府を挙げてお願いしたい」と述べ、自治体側に協力を要請した。
 政府は7月末を念頭に、高齢者向けのワクチン接種を終える方針。会談後、飯泉氏は取材に対し「感染拡大を抑えていくにはワクチン接種しかない」と述べた上で、スケジュール通りに市区町村へ供給されることが重要との認識を示した。
 一方、知事会は厚労相に対し、感染拡大防止に向けてモニタリング体制や水際対策の強化を要請。緊急事態宣言などで影響を受ける雇用に関しても、対策の充実を訴えた。 (C)時事通信社