SBIホールディングスが28日発表した2021年3月期の連結業績(国際会計基準)は、純利益が前期比2.1倍の810億円と過去最高を更新した。新型コロナウイルス対策として主要国の中央銀行が金融緩和に動いたのを背景に、株式市場が活況を呈したことが追い風になった。
 売上高に当たる収益は47.0%増の5411億円、税引き前利益は2.1倍の1403億円といずれも過去最高だった。税引き前利益は対面証券大手の大和証券グループ本社(1445億円)に迫り、北尾吉孝社長は東京都内で記者会見し、「ほぼ変わらない水準だ」と成果を強調した。 (C)時事通信社