ノエビアスタジアム神戸にはいつものように録音された応援歌が大音量で流れたが、神戸の選手がボールを奪ったときや相手ゴールに迫ったときに自然と起きる拍手はなかった。応援歌の再生が止まった時間にはボールを蹴る音が響き、「気を抜くな」「サポートに来い」など両チームの選手の声がよく聞こえた。
 昨年7月以来の無観客試合。神戸の三浦監督は「(見に来られない)サポーターの思いを感じながら戦おう」と伝えていたという。大分と引き分け、勝利を届けることはできなかったものの、選手たちが気持ちを出して戦ったことを評価した。
 神戸は今季開幕前にウイルスを分解する溶剤をスタジアムの座席に散布するなど新型コロナウイルス対策を行ってきたが、兵庫県に緊急事態宣言が発令されたため、リーグ戦とルヴァン杯であと2試合は無観客開催が続く。「ファンの拍手で頑張れる」と小田は残念がる。その上で、「こういう状況の中、全力でやることを意識している」と懸命のプレーを続けることを誓った。 (C)時事通信社