J1名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督が29日の川崎戦(豊田ス)を欠場した。クラブによると、監督本人がのどの痛みを訴えたため、Jリーグの規約などに基づき試合エントリー予定の選手、スタッフを対象に新型コロナウイルス検査を実施。監督の判定結果が保留となり、出場の要件を満たさなかった。他の選手らは全員の陰性が確認された。
 川崎戦はブルーノ・コンカ・コーチが指揮を代行した。 (C)時事通信社