【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナは29日、来年の新型コロナウイルスワクチンの全世界での供給量を最大30億回分と、今年の3倍に増やすと表明した。今年分については、供給見通しを8億~10億回分に引き上げた。自社や提携先の製造能力増強などを通じて供給量を増やす。
 モデルナは、変異ウイルスへの感染の恐れがあると指摘し、「追加接種用ワクチンの必要性が今後高まる」と強調した。 (C)時事通信社