総務省は30日、新型コロナウイルスの影響で納税が困難になった事業者や個人に対する納税猶予特例について、地方税の猶予分が全体で27万6743件、3751億7100万円になったと発表した。
 内訳は、地方法人2税が1937億7400万円、固定資産税・都市計画税が1393億6500万円、個人住民税が183億2200万円だった。 (C)時事通信社